Template#019

xxx中心サイト

Diary

2017/01/24 このテンプレートについて

ガラケーサイトっぽく、という友人の謎のリクエストで作りました。
珍しく1カラムです。配色はどこか物悲しい感じにしてみました。
全体のレイアウト自体はお気に入りに仕上がったので、色違いも作りたいところです。
2020/10/09 微調整
HTML5で組み直したほか、画像を差し替えていい感じにしました。
文字サイズもちょっと大きくしましたが、幅はなるべく狭いままにしてみました。
その他細かいところを微調整しています。

20xx/xx/xx サンプルテキスト

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。