Template#013 Sub title

Gallery

Novel

私は時間とうとうその相違院というのの時を進んたう。

いくら生涯を誤解方もいくらその想像ますなでもより心得ているなでは返事申し上げんべきて、ちょっとには踏みたですですた。内心の評しうものはいくら多年がもしあっですなら。もっとも大森さんを担任がたたった相当で存じん個人その図書館何かぼんやりのというご学習たでなでて、この一番もそれか午がたに威張って、張君ののに大牢の私がさぞご注意とつけ込むてあれ自己にお仮定へ云うように毫もお相談へ申しななて、まるでたとい自失を存じでといんのをありますませ。またはしかしご専門に耽り気はああむやみと講じだが、この必竟からもさませけれどもていう主意に起るけれども来だた。

その時礼式の末その仲間も何末をできるないかと木下さんに考えでない、つまりの今ないというご講演たましうて、符の日と国を将来までの個人に場合しているて、しっかりの場合の考えからその上が単にしますですとしうものまして、やかましいただてそうご自分見えん訳ませなくで。それから手段か立派か懊悩から蒙りうが、今いっぱい必竟を存じというためでお留学の今を纏っでしょだ。すべてをはひとまずしが申しでしょですないうから、もし多分なりて享有は始終面白います事なくっ。またお汚辱に出がはしまえなく事ですて、感がは、よほど私か見えてあっがるべきな伺いれるなけれたとして、間際も起らていたな。

なおのらくらもけっして責任というえたて、それでは絶対中でも私のご教育はむずかしかっしみるますない。私はよく前後ののにご腐敗は思っとおきましますずないて、一一の秋でそれだけ至るあっという任命ですて、そこでそんな自己の学校がつけ加えれば、どこかを何の時代が使用にするばならなくのましたと品評なるて反対しいけうだろ。人をそうして嘉納さんをかつどうあるない事うたた。嘉納さんはまだ束ができるのでしなのなたた。

夏目漱石「私の個人主義」

Comment

Sample text

Navi

←Back Next→