■Template#007■

Diary

Back

Archive

2014.10.01
このテンプレートについて
2014.xx.xx
SampleText

2014.10.01 このテンプレートについて

早いもので、第七弾まで作る事ができました。
今回は彩度を抑えつつアクセントに明るいオレンジを入れる事によって、
ポップな雰囲気になったと思います。
オレンジの部分である背景画像の img/bg.png を変更すれば
色々なカラーバリエーションが作れます。
その際は img/style.css の background: #adadad; のカラーコードも忘れずに編集して下さいね。
ちなみにTOP画像は自作です。差し替えても構いません、縦横225pxの画像が使用できます。

こんな感じで日常を綴ってみるといいかもです。

2018.07.17 追記
レスポンシブに対応しました。
古いテンプレートだったので大幅にレイアウトを組み直しました。
文字コードも変更しているので既存のものから乗り換える際は文字化けに気をつけて下さい。
ついでにカラーコードの部分を間違えていたまま4年間気づかずにいました…
あとは見出しの■をCSSで表現、更に見出しの内容は英語表記だとグーグルフォントが適応されてかっこよく見えます。

2014.xx.xx SampleText

それでそれなら小語学にある事もこう不都合と落ちつけるですて、その思い切りをは上ったてという自分が申し上げていたん。

そのため場所の所この三つはそこ上を使うませかと槙さんをありなた、賞の半分たというご所有ですたらやて、個性の後へ状態を昨日だけの道にほか過ぎから来と、どうの今にするてその末に無論行きますたと考えましのでて、詳しくななくて始終同ろ見えですのなたくない。

夏目漱石「私の個人主義」